高橋一生 さんの弟は、ミュージシャンだった。

芸能、エンタメ
DSC_0474

高橋一生 さんの弟は、ミュージシャンだった。

現在、高橋一生(40歳)さんは、舞台ドラマ CMなどで活躍し今やテレビで見かけないことがないほどの売れっ子で大ブレイクしています。大河ドラマでは、1年にわたってレギュラー出演するケースが多くNHK大河の常連になりつつある。そんな高橋一生さんには、芸能人の弟さんがいたことが判明しています。
高橋一生さんの弟はずばり4人もいるそうです。今どきにしては、珍しい 5人兄弟ですが
4人のうちの3人は一般人で、1人だけミュージシャンとして芸能活動しているようです。

高橋一生さんの弟はネバー・ヤング・ビーチのボーカル安部勇磨さん


このミュージシャンとして現在活躍をしておられる人は安部勇磨さんという人で、ネバー・ヤング・ビーチというバンドでボーカルとギターで活躍されています。

1990年9月3日生まれで現在29歳。ネバー・ヤング・ビーチは、2015年に、ファースト・アルバムの「YASHINOKI HOUSE」をリリースし、そのレトロで心地いサウンドとストレートな歌詞にファンは増え続けているそうです。

高橋一生さんも、10歳ほど違う弟の音楽活動にアドバイスを送っているそうだ。

高橋一生 さんと弟さんの複雑な家庭環境

高橋一生 さんと弟さんの名字が違うことについては複雑な家庭環境の事情があったようです。高橋一生さんの母親は結婚離婚を繰り返し、父親が 3人いたそうです。
このような複雑な家庭環境にあって年の離れた高橋一生さんは弟達から慕われる兄貴のような存在であるようです。

高橋一生 さんの今後の活躍に期待!

高橋一生さんの母親は、すでに、2015年に逝去しているが、10年ほど母親とは、不仲でがんで亡くなる1週間前に対面し、最後を見送ったそうです。
今年で39歳になる高橋一生さんですが、幼いころから子役として活躍しながら厳しい家庭環境をのりこえ、今日の役者としての地位を築かれてきたわけですが、その芝居でみせてくれる真柏の演技と感性は、今後ますます、「一生ファン」を魅了してやまないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました